活動を再開します

活動を再開します

2020年6月4日

4月7日(火)の夜、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための「緊急事態宣言」が発令されました。

私たちが住む兵庫県は、その対象地域でしたので、以後に予定されていた「猫のお見合い会」や啓発イベントはすべて中止。繁殖期を迎えている野良猫のTNRだけは、感染予防を万全にしながら、ぼちぼちと継続していました。

5月21日(木)、「緊急事態宣言」が解除になりました。

5月いっぱいは活動を自粛。「猫のお見合い会」や啓発イベントの再開に際しての感染予防対策を検討しながら、準備を進めていました。

 

そして6月は、活動再開。「猫のお見合い会」から始めます。

再開1回目は6月6日(土)13時から、「しおみちゃんの家」で行います。

以後、高砂の「まーぶるかふぇ」で7日(日)と21日(日)、神戸・三宮の「Nekoclubくーにゃん」で27日(土)の計4回、開きます。

 

「緊急事態宣言」が発令された4月に、神戸市内で緊急保護された2組の母猫と子猫たちを、「Nekoclubくーにゃん」で預かってもらっていました。子猫たちは、新型コロナ感染予防対策の自粛生活中にもすくすく育ち、それぞれの家族のもとに引き取られていきました。

 

育児で子猫たちに栄養を取られ、ガリガリにやせていた母猫のうち1匹は、先日、不妊手術を終えました。名前はロンちゃん。よく人に慣れ、愛想よしの器量よし。これから家族探しをします。

 

もう1匹の母猫・ベルちゃんは長毛さん。まだ背骨が触るくらい痩せているので、不妊手術はもう少し体調を整えてから。

ベルちゃんは生粋の野良猫で、まだ人間が怖いようです。最近は、人の側にいてもおとなしくしていますし、おいしいおやつがあると、「私にもくださ~い」と鳴いて催促しますが、触ることはまだ難しい。触ろうとするとハーシャーと威嚇するし、ときには攻撃され、爪で思い切り引っかかれます。

 

母猫たちは引き続き、くーにゃんでお世話になります。

 

ボランティア宅では大人猫を中心に、たくさんの保護猫たちが〝飼い猫修行〟をしています。各会場に参加しますので、猫を飼おうと考えている方は、ぜひ会いに来てください。

 

各会場には、経験豊富なボランティアがおりますので、猫と暮らすために必要なことや、わからないことなどをいろいろとお尋ねください。

 

その日に決められなくても、構いません。これからの一生を共に過ごす家族のような存在になるわけですから、人も猫も、お互いに幸せになるために本当の出会いを待つことが大事です。

 

人と猫が一緒に暮らすには、マッチングが最も重要です。猫を飼いたい人の希望もお聞きしますが、その方の年齢や家族構成、生活環境などの諸条件を吟味。最も最適と思われる保護猫を紹介します。

 

必ず家庭訪問をして、申告された内容と相違ないかを確認します。譲渡の前には、共同生活を送ってもらい、保護猫が安心して暮らせるかどうかを確認する「トライアル」の期間を設けます。

 

子猫を希望する方が多いのですが、「子猫」の時期は本当に短く、あっという間に大きくなります。

 

子猫は体調が変わりやすい上、野良猫の子どもたちは猫風邪や下痢など、不調を抱えていることも多いので、初めて飼う人には、精神的負担も大きいと思います。

 

猫も大人になってからのお付き合いの方が長くなるわけですから、ものは考え様です。〝大人同士〟のお付き合いを前提に、お互いに無理なく暮らせるパートナーを探すのはいかがでしょうか?

 

各会場で、1匹でも多くの保護猫に良いご縁がありますように…。




地域猫について
TNRとは

地域猫とは 

家族になろう
もらってください

家族になろう 

幸せをつかんだねこたち
 

幸せをつかんだねこたち 

応援・支援のお願い
寄付/ボランティア/物資

応援・支援 

 

神戸ノラネコTNR実行委員会

メールでのお問い合わせは、サイト内のお問い合わせフォームから送信してください。



PAGE
TOP