日々の活動

神戸市動物管理センターでの「猫のお見合い会」は無事終了

2018年5月28日  

2017年12月末とことしの2月末、神戸市内で相次いで多頭崩壊が発生しました。

飼い主らは、殺処分前提で神戸市動物管理センター(神戸市北区)に猫を持ち込みました。その結果、あわせて70匹の飼い猫が、住む家を追われることになりました。

 

センターの要請を受けた神戸ノラネコTNR実行委員会のメンバーや、協力ボランティアさんたちは現在、収容された猫たちを手分けして自宅に預かり、お世話をしながら新たな家族探しに取り組んでいます。

 

トライアルに行くことが決まった三毛猫のシェルちゃん

5月27日(日)は、その多頭崩壊家庭から救出された保護猫たちが参加するお見合い会を、センターの会議室で行いました。 (さらに…)

まーぶるかふぇの「猫のお見合い会」は無事終了

2018年5月13日  

神戸ノラネコTNR実行委員会の、「猫のお見合い会」の新しい拠点として、高砂市神爪に新しくオープンした保護猫カフェ「まーぶるかふぇ(Marble CAFE)」で、ことし4月から月1回の「猫のお見合い会」を開いています。

5月は12日(土)に開催。大人猫を中心に8匹が参加しました。

来場者はご近所の方々を中心に、近隣市町の加古川、姫路などから親子29人。

今回は、加古川から参加した三毛猫のみゆちゃんと、神戸市垂水区から参加したキジ白猫のティアラちゃん、いずれもメス猫がトライアルに挑戦することになりました。

新しい家族と出会い、トライアルに挑戦するみゆちゃん

(さらに…)

「第五期 共感寄付」の現況―5月11日現在の途中経過

2018年5月11日  

ひょうごコミュニティ財団の「第五期共感寄付」の指定事業に、神戸ノラネコTNR実行委員会の啓発事業「KOBEにゃんずプロジェクト」が選ばれました。第三期・第四期に引き続きの採択です。

 

ただいま募金の受け付け中で、共感寄付の専用口座に振り込まれるなどして集まった募金の金額について報告を受けています。

 

5月11日(金)現在の総計は、10万円でした。

 

この浄財は、野良猫のTNR活動や猫の保護・預かりなどの救済活動に役立てます。ご協力いただいた皆さまに心からお礼を申し上げます。 (さらに…)

「第7回猫のお見合い会」は無事終了

2018年5月1日  

4月29日(日)に、神戸市須磨区のエスパスフェリシモで「第7回猫のお見合い会」(神戸ノラネコTNR実行委員会&フェリシモ猫部の主催)を開催しました。

当日は会場参加した保護猫18匹と、写真参加が14匹。子猫から6歳の大人猫まで総勢32匹が、新しい家族とのご縁を待ちました。

連休中のため、来場者は26人と少なめでしたが、子猫1匹と大人猫6匹の計7匹(うち1匹は写真参加)にお声をかけてもらいました。

面談のとき、会場参加していてお声を掛けていただいた猫と仲良しの猫(写真参加)も一緒にもらっていただけないかと保護主さんが話したところ、家族の方は前向きに検討していただき、2匹一緒のトライアル前提でお話が進んでいるようです。

トライアル希望者が現れたレオ君

多頭崩壊家庭から救出されたシェルちゃん。またのご縁をお待ちしています。

(さらに…)

まーぶるかふぇの「猫のお見合い会」は無事終了

2018年4月16日  

神戸ノラネコTNR実行委員会は、神戸に拠点を置いている市民ボランティアです。明石市、加古川市、姫路市など神戸以西で猫のボランティアをしている市民の皆さんともネットワークを結んでいます。お互いに情報交換をしながら、“助け合いの精神”で猫の救済活動に取り組んでいます。

 

1匹でも多くの保護猫が新しい家族と出会い、ずっと暮らせるようにご縁をつなぐ「猫のお見合い会」の神戸以西の新しい拠点として、高砂市神爪に新しくオープンした保護猫カフェ「まーぶるかふぇ(Marble CAFE)」とタイアップ。4月15日(日)に初めての「猫のお見合い会」を開きました。

(さらに…)

定期開催目指し、ただいま準備中!

2018年4月11日  

神戸ノラネコTNR実行委員会は、神戸に拠点を置いている市民ボランティアです。そして、明石市、加古川市、姫路市など神戸以西で猫のボランティアをしている市民の皆さんともネットワークを結んでいます。お互いに情報交換をしながら、“助け合いの精神”で猫の救済活動に取り組んでいます。

 

最も力を入れているのが、不幸な命の誕生を防ぐため、野良猫の繁殖制限を目的としたTNR活動。それに伴い、野良猫の子どもや、ケガや病気などのために人のお世話が必要で、保護した猫たちの新しい家族を探す譲渡活動=今ある命を救済する活動=です。

神戸市内では、あちこちで譲渡会が行われるようになりましたが、神戸以西では、まだ定番の会場がない。

そこで、高砂市神爪に新しくオープンした保護猫カフェ「まーぶるかふぇ(Marble CAFE)」とタイアップ。今月から「猫のお見合い会」を始めます。

 

主催のまーぶるかふぇさんと連携し、実行委員会のボランティアさんたちが協力して運営していきます。 (さらに…)

フェリシモ基金と、住友ゴム工業CSR基金に採択されました

2018年3月27日  

私たち「神戸ノラネコTNR実行委員会」は、2015年春に結成しました。神戸市内を中心に、明石、加古川、姫路、たつのなど神戸以西のボランティアさんたちともつながり、広域的な活動を続けています。

地域猫活動に取り組む少人数のグループや、個人ボランティアのネットワークと経験を生かし互いに情報交換をしながら、1匹でも多くの小さな命を助けるべく、奮闘する毎日です。

 

神戸市などの行政や、フェリシモ猫部などの地元企業、広島県のNPO法人犬猫みなしご救援隊、神奈川県のちばわんなど、県外の愛護団体とも連携しながら地道に続けてきた活動を評価していただき、このほど、フェリシモ基金からご支援いただけることになりました。

また、2017年度に初めて採択された「住友ゴム工業CSR基金」にも引き続き採択されることになり、2年連続のご支援をいただけることになりました。 (さらに…)

多頭崩壊の猫たちを支援=3月5日までの現状報告

2018年3月5日  

2017年の年の瀬、神戸と明石、加古川でも多頭崩壊が発生しました。

同時期に起きた事案で、明石では28匹。神戸では25匹。加古川では9匹の飼い猫が、住み慣れた家を失いました。

実行委員会では、公式サイトの「お知らせコーナー」で随時、預かりボランティアさんなどの支援を呼びかけました。そして、猫たちを順次、引き出し、新たな飼い主の下に託すべく、ボランティアたちがお世話をしています。

さて、3月5日(月)までの現況です。 (さらに…)

「第7回一斉TNR」は無事終了

2018年2月19日  

神戸ノラネコTNR実行委員会は、春と秋の猫の出産シーズンに繁殖制限のための一斉TNRを行います。第7回目は2月18日(日)8時から、神戸市西区の協力企業「株式会社泰慶」の敷地内に手術拠点を設けて実施しました。

2月16日(金)の最終締め切りで、35匹の予約を受け付けました。当日は、ボランティアさんたちが頑張ってくれて、全部で46匹が集まりました。内訳は、オス26匹、メス20匹。 (さらに…)

「第7回一斉TNR」の捕獲作業が始まります

2018年2月15日  

神戸ノラネコTNR実行委員会は、春と秋の猫の出産シーズンに繁殖制限のための一斉TNRを行います。第7回目は2月18日(日)8時から、神戸市西区の協力企業の敷地内に手術拠点を設けます。

 

2月15日(木)午前中現在の申し込み状況によると、今回は、神戸市西区・垂水区、明石市、三木市、姫路市、遠くは三重県から約30匹が参加予定です。

このほか、神戸市灘区と東灘区からの申し込みがありましたが、捕獲と搬送のお手伝いが必要でしたので、支援に入るボランティアさんと申込者の方との相談により、日程を変更して実施することになりました。順次、捕獲作業を行い、東灘区のますだ動物病院で手術を進めてもらっています。

 

以上、神戸市東部の受け付け分も含めると、40匹前後の猫が参加することになりました。

(さらに…)


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >



地域猫について
TNRとは

地域猫とは 

家族になろう
もらってください

家族になろう 

幸せをつかんだねこたち
 

幸せをつかんだねこたち 

応援・支援のお願い
寄付/ボランティア/物資

応援・支援 

 

神戸ノラネコTNR実行委員会

メールでのお問い合わせは、サイト内のお問い合わせフォームから送信してください。



PAGE
TOP