相談事例

【相談事例】ごみステーションにいる子猫を助けてほしい

2016年8月19日  

神戸市垂水区内の市営住宅にお住まいの女性から。

ごみステーションで野良猫が子どもを産み、授乳している。明日はごみ収集日なので、このままだと、ごみと一緒に処分されるか、保健所に引き取られる。子猫を助けてほしい―との相談です。 (さらに…)

【相談事例】近所に住みついた野良猫親子をTNR―アンディ君、新生活へ

2016年8月16日  
DSC_0027

新しい家族の下で、慣らし中のアンディ君

近所に住みついた野良猫の母子(子猫3匹)ら計5匹をTNRしたいという、神戸市西区の女性からの相談を受け、6月中ごろにTNR。保護した子猫(推定誕生日は5月5日)は、7月初めから、預かりボランティア宅で“飼い猫修行”に入りました。

そろそろ生後3か月半になるオス猫・アンディ君と、シャロンちゃん&ティナちゃんのメス猫2匹のきょうだいは、マンソン条虫など寄生虫の駆虫が済んだ猫から順番に譲渡会に参加していきます。

 

一番乗りのアンディ君は、8月7日(日)、神戸・三宮の高砂ビルで行われた「猫の譲渡会」(猫のミーナ主催)に参加。お声を掛けいただいたSさん宅で、8月14日(日)から2週間の予定でお試し飼育中です。 (さらに…)

【相談事例】近所の公園に住む野良猫をTNR―カンパが集まった!

2016年8月10日  

 

近所の公園に住みついた野良猫10匹の餌やりをしている、神戸市垂水区の年配女性から。

公園にはかなりの数の猫がいるものと思いますが、私が世話している猫だけでも、捕獲してこれ以上増えないように繁殖制限の手術をしたい。捕獲のお手伝いをしてほしい―などの相談を受けてから、餌やりさんたちと会うようになって、2カ月余りが経ちました。

webP1170262

オッドアイの男の子。推定年齢1~2歳。

(さらに…)

【相談事例】近所に住みついた野良猫親子をTNR―アンディ君、譲渡会へ

2016年8月9日  

神戸市西区の女性から。近所に住みついた猫が、庭にやってきます。野良猫の母子(子猫3匹)と、性別不明の猫1匹の、計5匹。親猫をTNRする際に3匹の子猫を保護して、ただいま預かりボランティア宅で“飼い猫修行中”です。

推定誕生日が5月5日、生後約3か月のオス1匹、メス2匹の子猫たちの健康診断をしたところ、おなかの中にマンソン条虫など寄生虫がいることが分かりました。薬を飲ませ、駆虫が済んだ猫から順番に譲渡会に参加する予定です。

20160807_124648

ケージの中で、緊張のあまり固まるアンディ君

最初に駆虫が終わったのは、一番怖がりでおとなしいオスのアンディ君。月末から譲渡会に参加し、よいご縁を待っています。 (さらに…)

【相談事例】飼い主が認知症で―多頭崩壊のS0S、その後=タラちゃん、正式譲渡決定

2016年8月2日  

猫4匹を飼っている高齢夫婦。3月に夫が死亡。残された妻は入院中。認知症などで自立生活は望めません。無人になった家に取り残された猫の救済に入り、最初に保護できた2匹のうちの1匹が、メス猫のタラちゃんです。

6月5日(日)の「猫のミーナ」の譲渡会に参加したところ、第1希望でお声掛けいただきました。そして、6月12日(日)、候補者の神戸市垂水区・Bさん宅にお届けして来ました。

Bさん宅には先住猫が2匹(5歳のオス、生後半年のメス)いますが、タラちゃんはもともと多頭飼育家庭の出身であり、保護主宅などでも大勢の中で暮らしていました。持ち前の順応性を発揮、先住猫たちとも、いい距離感を保ちながら、自分の居場所を確保していきました。 (さらに…)

【相談事例】近所の公園に住む野良猫をTNRしたい―餌やりさんたちと面談

2016年7月6日  

神戸市垂水区の年配女性から。近所の公園に住みついた野良猫10匹の餌やりをしています。他にも餌やりをしている人がたくさんいますが、餌を与えている時間も人数もばらばらで、まったく把握できません。

公園にはかなりの数の猫がいるものと思いますが、私が世話している猫だけでも、捕獲してこれ以上増えないように繁殖制限の手術をしたいと、常々考えています。

ただ、捕まえ方が分からないし、手術代のお金も十分にないので悩んでいます―との相談を受けてから、餌やりさんが来るであろう時間帯に、時々、公園に出向き様子を伺っています。 (さらに…)

【相談事例】市営住宅内でTNRや地域猫活動はできるのか?―子猫を保護

2016年7月5日  

神戸市北区の市営住宅にお住まいの年配女性から。

住宅周辺で増えた野良猫の繁殖制限の去勢・避妊手術について。自分たちが住んでいる棟の周りからでもいい。TNRすることはできるでしょうか?―といった相談を受け、6月23日(木)の午後、1回目の調査に行きました。本日、7月5日(火)は2回目の調査です。 (さらに…)

【相談事例】“外猫”として世話する野良猫をTNRしたい

2016年6月29日  

明石市の男性から。

迷い猫だったオス猫1匹を家で飼っています。さらに、庭に出入りする野良猫の母子に餌を与えて、“外猫”として世話しています。

母猫は毎年子猫を産み、生まれた子猫はもらい手を探して譲渡しています。今年はまた、4匹の子猫を産んで庭に連れてきています。今、生後2か月くらいです。このほかに、去年生まれた猫が3匹一緒にいます。

大人猫はまだ繁殖制限の手術をしていませんが、このままだと増える一方なので、捕獲して手術をしたい。

今いる4匹の子猫は、もらい手を探しているところです。知り合いに声を掛けて返事を待っています。もし、話が流れた場合、新たなもらい手を探すのを手伝ってもらいたい―という相談です。 (さらに…)

【相談事例】近所に住みついた野良猫親子をTNRしたい―捕獲作業

2016年6月27日  

神戸市西区の女性から。近所に住みついた猫が、庭にやってきます。野良猫の母子(子猫3匹)と、性別不明の猫1匹の、計5匹です。

相談事例をいろいろ読んでみて、うちでも親猫を捕獲して繁殖制限の手術をし、子猫ともども面倒をみようかと考えているところです。捕獲のお手伝いなど、お願いできますでしょうか?―といった相談を受け、早速、実行委員会の山田代表がお宅を訪問しました。 (さらに…)

【相談事例】市営住宅内でTNRや地域猫活動はできるのか?―現地調査を実施

2016年6月26日  

神戸市北区の市営住宅にお住まいの年配女性から。

住宅周辺に野良猫がたくさんいて、猫が嫌いな人から虐待を受けているようです。この辺りでは、毎年たくさんの野良猫が出産して増えていきます。虐待を受けるケースも、どんどん増えてくるのではないかと心配でなりません。

野良猫問題を解決するには、やはり、繁殖制限の去勢・避妊手術が必要だと思います。市営住宅の、自分たちが住んでいる棟の周りからでもいい。TNRすることはできるでしょうか?―といった相談があり、6月23日(木)の午後、早速、現地に向かいました。 (さらに…)


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >



地域猫について
TNRとは

地域猫とは 

家族になろう
もらってください

家族になろう 

幸せをつかんだねこたち
 

幸せをつかんだねこたち 

応援・支援のお願い
寄付/ボランティア/物資

応援・支援 

 

神戸ノラネコTNR実行委員会

メールでのお問い合わせは、サイト内のお問い合わせフォームから送信してください。



PAGE
TOP