相談事例

【相談事例】市営住宅内でTNRや地域猫活動はできるのか?

2016年6月17日  

神戸市北区の市営住宅にお住まいの年配女性から。

住宅周辺に野良猫がたくさんいて、猫が嫌いな人から虐待を受けているようです。先日は、子猫を生きたまま埋めて殺した人がいると複数の住民から聞きました。警察から事情徴収に来られたようです。

この辺りでは、毎年たくさんの野良猫が出産して増えていきます。虐待を受けるケースも、どんどん増えてくるのではないかと心配でなりません。

野良猫問題を解決するには、やはり、繁殖制限の去勢・避妊手術が必要だと思います。市営住宅の、自分たちが住んでいる棟の周りからでもいい。TNRすることはできるでしょうか? もし、できるとして、どなたか相談に載ってくれたり、捕獲のお手伝いをしてくれる人を紹介してもらえますでしょうか?―といった相談です。 (さらに…)

【相談事例】近所の公園に住む野良猫をTNRしたい

2016年6月15日  

神戸市垂水区の年配女性から。近所の公園に住みついた野良猫の餌やりをしています。全部で10匹います。

公園では、他にも餌やりをしている人がたくさんいますが、餌を与えている時間も人数もばらばらで、まったく把握できません。公園にはかなりの数の猫がいるものと思いますが、私が世話している猫だけでも、捕獲してこれ以上増えないように繁殖制限の手術をしたいと、常々考えています。

ただ、どうやって捕まえたらいいのか。手術代のお金も十分にないので、どうしたものかと悩んでいます。

また、春に生まれた子猫が1匹残っていて、母猫と一緒にいます。子猫だけでも、もらい手を探せたらいいのですが―との相談です。 (さらに…)

【相談事例】飼い主が認知症で―多頭崩壊のS0S、その後=タラちゃん、トライアル開始

2016年6月13日  

猫4匹を飼っている高齢夫婦。3月に夫が死亡。残された妻は入院中。認知症などで自立生活は望めません。無人になった家に取り残された猫の救済に入り、最初に保護できた2匹のうちの1匹が、メス猫のタラちゃんです。

6月5日(日)の「猫のミーナ」の譲渡会に参加したところ、第1希望でお声掛けいただきました。そして、6月12日(日)、候補者の神戸市垂水区・Bさん宅にお届けして来ました。 (さらに…)

【相談事例】近所に住みついた野良猫親子をTNRしたい

2016年6月10日  

神戸市西区の女性から。近所に住みついた猫が、自宅の庭にやってきます。野良猫の母子(子猫3匹)と、性別不明の猫1匹の、計5匹です。

相談事例をいろいろ読んでみて、うちでも親猫を捕獲して繁殖制限の手術をし、子猫ともども面倒をみようかと考えているところです。捕獲のお手伝いなど、お願いできますでしょうか?

また、猫の手術の費用などはどのくらいかかるものでしょうか―といった相談です。 (さらに…)

【相談事例】子連れの野良猫を発見、子猫を保護したい

2016年6月8日  

六甲アイランドにお住まいの女性から。近所で野良猫が出産しました。子猫を連れて歩いているのを見た人もあり、餌をあげている人もいるようで。最近では、どうもご近所の敷地内にいるらしいです。子猫の声がしました。母猫の姿は見えませんでした。

子猫は5匹くらいいるようです。保護して、飼い主を探したい―といった相談です。 (さらに…)

【相談事例】繁華街に住みついた野良猫を保護してほしい

  

神戸市中央区・三宮の繁華街でTNRに取り組むボランティアさんから。

三宮の飲食店街で、近隣で働いている人が野良猫に餌を与えています。不妊手術はしていません。昼間から野良猫がうろついている状態です。

そこで、野良猫がこれ以上増えないよう餌やりさんに交渉しましたが、手術の費用は出したくないというので、神戸市の助成制度を利用し、私どもボランティアらが費用を工面しながらTNRを進めています。

餌やりさんは、餌場の近くのビル敷地内に発泡スチロールの箱を積み上げて、野良猫たちの寝床を作っていました。そのビルが近々、売り出されることになり、先日、ビルの所有者から早急な撤去を求められたとのこと。野良猫の居場所がなくなると考えた餌やりさんから、野良猫を保護して、預かってくれるところはないか、と相談を受けました。

子猫がいたので、預かりボランティアさんに託しました。大人猫はメスが多く、「かわいい顔をしているので、飼い主が見つかるのではないか」と言われましたが、大人の野良猫の預かり先を探すには、どうしたらいいでしょうか?―という相談です。 (さらに…)

【相談事例】ベランダに横たわる猫

2016年6月6日  

垂水区の女性から。夕方、外出先から戻ってきたら、ベランダに猫が横たわっていました。朝見たときにはいませんでした。じっと動きません。寝てるの?

相談者の許可を得て、猫の様子を見せていただきました。ぐったりしています。様子がおかしいです。保護して、近くの動物病院に連れて行き、診察を受けました。 (さらに…)

【相談事例】飼い主が認知症で―多頭崩壊のS0S、その後=譲渡会に参加

  

猫4匹を飼っている高齢夫婦。3月に夫が死亡。残された妻は入院中。認知症などで自立生活は望めません。無人になった家に取り残された猫の救済に入り、最初に保護できた2匹のうちの1匹が、メス猫のタラちゃんです。

4月23日(土)に保護され、病院でワクチン接種、血液検査などを済ませました。

20160515_190420タラ修正

推定3歳のメス猫・タラちゃん。お試し飼育に挑戦します。

保護主宅で慣らしてから5月10日(火)、三宮の「Nekoclubくーにゃん」にお引っ越し。お店の猫たちと共同生活を送りながら、出会いを待っていました。そして、6月5日(日)の「猫のミーナ」の譲渡会に参加したところ、すてきな出会いがありました! (さらに…)

【相談事例】飼い主の急死で取り残された猫たち―正式譲渡へ

2016年6月3日  

飼い主の女性が外出中に急死し、神戸市中央区・ポートアイランドの自宅マンションに猫が取り残されました。連絡を受けた方々が猫の救済のために動き始め、支援グループ「ポーアイの猫を救う会」が立ち上がり、支援をしています。

元の場所から一時避難先に収容された猫たちは、その後、それぞれの預かり先で暮らしながら、新しい飼い主との出会いを待っています。

譲渡会や里親探しサイトなどで、呼びかけたところ、現在3匹が譲渡・2匹がトライアル中です。 (さらに…)

【相談事例】敷地内で子猫が生まれた―TNRの準備

  

神戸市東灘区の女性から。自宅敷地内で野良猫が子猫を産みました。可能であれば、子猫を保護して譲渡先を探したい。母猫は毎年出産しているので、今度こそ、捕獲して不妊手術をしたい―という相談を受けてから、ひとつき近く経ちました。その後の様子です。 (さらに…)


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >



地域猫について
TNRとは

地域猫とは 

家族になろう
もらってください

家族になろう 

幸せをつかんだねこたち
 

幸せをつかんだねこたち 

応援・支援のお願い
寄付/ボランティア/物資

応援・支援 

 

神戸ノラネコTNR実行委員会

メールでのお問い合わせは、サイト内のお問い合わせフォームから送信してください。



PAGE
TOP