相談事例

【相談事例】飼い主の急死で取り残された猫たち―マロン姉妹、トライアルに挑戦!

2016年5月26日  

フェイスブックに寄せられた情報から。

飼い主の女性が外出中に急死し、神戸市中央区・ポートアイランドの自宅マンションに猫が取り残されました。連絡を受けた方々が猫の救済のために動き始め、支援グループ「ポーアイの猫を救う会」が立ち上がり、支援をしています。

元の場所から一時避難先に収容された猫たちは、その後、それぞれの預かり先で暮らしながら、新しい飼い主との出会いを待っています。

神戸・岡本に新しくできた保護猫カフェ「ニャーニャーの森」で預かっていただいている白黒姉妹猫の、マロン&マドレーヌにもお声が掛かり、先日、神戸市灘区の先住猫のいるお宅に行きました。

20160510_171247

仲良し姉妹のマドレーヌ(手前)とマロン

(さらに…)

【相談事例】気になる子猫を保護したい―いよいよ捕獲へ

  

にゃんぷろの公式ホームページなどを見た女性から。ミントクラブにお電話をいただきました。

ことしの4月、神戸市兵庫区内の介護施設の自転車駐輪場付近に、子猫が1匹いるのを発見しました。どうしても気になって、1日2回、餌やりに通っています。できれば、不妊手術をしたうえで、飼い主を探したい―との相談です。

飼い猫ではないことを確認の上、捕獲して避妊・去勢をする。その際、ワクチン接種や害虫駆除。血液検査で猫エイズや猫白血病のキャリアかどうか確かめる。その結果次第ではありますが、家庭に保護して飼い猫になれそうかどうか、様子を見ることにしました。

捕獲しやすい場所で餌を与えて、慣らしてもらうことをお願いしていました。

そして昨日、再度、お電話をいただきました。 (さらに…)

【相談事例】地域猫活動を理解してもらうには?

2016年5月24日  

神戸市内にお住まいの男性から、相談です。

知り合いが神戸市北区で地域猫活動をしています。猫のふんや、餌やりの後片付けを徹底するなど、周囲に気を配っていますが、近所のおばちゃんたちの一部から、「餌やり禁止」などの張り紙をされたり、餌場が目立たないように立てた囲いを取り払ったりと、邪魔されることがあります。

最近も、また看板を立てられました。野良猫に餌を与えるだけでなく、不妊手術で繁殖制限をしながら地域猫として世話していることを、どうやったら分かってもらえるのでしょう? (さらに…)

【相談事例】ペット禁止のマンションで野良猫が出産

  

神戸市北区の女性から。ペット飼育禁止のマンションに住んでいます。敷地内で2匹の野良猫がそれぞれに子猫を産み、今、子猫が5匹います。

捕獲して、もらい手を探したい。お手伝いをしていただけますでしょうか?―という相談がありました。 (さらに…)

【相談事例】自宅敷地内で子猫が生まれた

  

神戸市東灘区の女性から。自宅敷地内で野良猫が子猫を産みました。デッキの下にいる様子です。子猫の声が聞こえました。

この母猫は毎年出産しています。今度こそ、捕獲して不妊手術をしようと思うのですが、どうやったら捕まりますか?

子猫4匹いるようです。捕獲の上、飼い主を探すことができたらと考えています―という相談がありました。 (さらに…)

【相談事例】飼い主の急死で取り残された猫たち―レオン君、トライアル中

2016年5月19日  

フェイスブックに寄せられた情報から。

飼い主の女性が外出中に急死し、神戸市中央区・ポートアイランドの自宅マンションに猫が取り残されました。連絡を受けた方々が猫の救済のために動き始め、支援グループ「ポーアイの猫を救う会」が立ち上がり、支援をしています。

元の場所から一時避難先に収容された猫たちは、その後、それぞれの預かり先で暮らしながら、新しい飼い主との出会いを待っています。

ゴールデンウイーク最中の5月5日(木・祝)に、神戸・岡本に新しくできた保護猫カフェ「ニャーニャ森」で譲渡会が開かれ、ポーアイにゃんずも参加。レオン君にお声が掛かり、先日、希望者のお宅に行きました。 (さらに…)

【相談事例】飼い主の急死で取り残された猫たち―譲渡会に参加

2016年5月8日  

フェイスブックに寄せられた情報から。

飼い主の女性が外出中に急死し、神戸市中央区・ポートアイランドの自宅マンションに猫が取り残されました。連絡を受けた方々が猫の救済のために動き始め、支援グループ「ポーアイの猫を救う会」が立ち上がり、支援をしています。

元の場所から一時避難先に収容された猫たちは、その後、それぞれの預かり先で暮らしています。とりあえずの落ち着き先が決まりましたので、これから本腰を入れて新しい飼い主を探します。 (さらに…)

【相談事例】気になる子猫を保護したい

2016年5月2日  

にゃんぷろの公式ホームページなどを見た女性から。ミントクラブにお電話をいただきました。 (さらに…)

【相談事例】飼い主が認知症で―多頭崩壊のS0S、4匹目を発見!

2016年4月28日  

実行委員会のホームページをご覧になった方から、ミントクラブに電話がありました。

猫4匹を飼っている高齢夫婦。3月に夫が死亡。残された妻は現在、入院中。認知症があり、体調が戻っても、元の家で暮らすことは不可能なため、猫を飼い続けることができなくなりました。ご親戚の方の依頼を受けて飼い猫の救済活動に当たっています。先週末に2匹を救出しました。

そして本日、3匹目の捕獲を試みました。 (さらに…)

【相談事例】飼い主が認知症で―多頭崩壊のS0S、保護された猫たちの様子

2016年4月27日  

実行委員会のホームページをご覧になった方から、ミントクラブに電話がありました。

猫4匹を飼っている高齢夫婦。3月に夫が死亡。残された妻は現在、入院中。認知症があり、体調が戻っても、元の家で暮らすことは不可能なため、猫を飼い続けることができなくなりました。ご親戚の方の依頼を受けて飼い猫の救済活動に当たっています。先週末に2匹を救出しました。 (さらに…)


< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >



地域猫について
TNRとは

地域猫とは 

家族になろう
もらってください

家族になろう 

幸せをつかんだねこたち
 

幸せをつかんだねこたち 

応援・支援のお願い
寄付/ボランティア/物資

応援・支援 

 

神戸ノラネコTNR実行委員会

メールでのお問い合わせは、サイト内のお問い合わせフォームから送信してください。



PAGE
TOP